ヒーラーの役割


ヒーラーの意識状態はとても大切です

 

ヒーラーの仕事は、魂に接触し、純粋なエネルギーを注ぐための磁力となり、放射することです。

 

したがってヒーラーは意思と思考を停止させ『非人格性の完全な沈黙』が絶対となります。

 

ヒーラーが扱う純粋なエネルギーとは『愛』のエネルギーです。

 

もちろん他者間で感じ合う情緒的な愛ではなく、完全調和の状態を『愛』と表現しているとご理解ください。

 

この愛のことを、神、生命、大霊、光、慈悲など、お好きな言葉に置き換えていただいても結構です。

 

高次のエネルギー界の方々は、完全調和である愛、たった一つの生命エネルギーと一体となって働き、神の分霊として奉仕されています。

 

中継点として十分に働くためには、ヒーラー側もこの意識状態に止まり『愛』でなくては繋がりません。

 

そのためには心の平静を保ち、瞬時に中心に戻る能力と、魂として働く能力が要求されます。

 

ヒーリング中は受け手の方の身体やその状態を見るのではなく、その方の本質である『愛』を凝視しなければなりません。

 

そしてヒーラーにできることは魂として、受け手の方を力づける偉大なる存在とただ共に居るだけなのかもしれません。

 

ヒーリングを受けられている方にポジティブな変化が起きるよう、さらにその方の魂を鼓舞することができますよう、精進を重ねてまいります。