幽界と霊界の違い


「霊を見た」

 

「霊に取り憑かれた」

 

などの表現から霊が怖い、と感じる方がいらっしゃいます。

  

肉体を離れれば霊界へと旅立つと、多くの方がお考えかもしれませんが、肉体が自分であると錯覚した意識のまま

地上を去れば、霊界ではなく幽界(アストラル界)へと旅立ちます。

 

幽霊と霊の字が付きますので、霊界と勘違いしやすいのですが、幽界のバイブレーションは地上と同じく現象の世界。

 

実相の世界(霊界)ではないのです。

 

幽界と霊界を混同し、幽霊を見て「霊を見た」という人は霊体ではなく幽体(幻)を見ています。

 

「生老病死」

 

ブッダはなぜ生まれることが苦しみと説いたのでしょうか。

 

幽界へ旅立った魂は再び地上へと学びに降りてきますが、真我(神我)に目覚めた魂は地上を卒業し、再び肉体に

生まれる必要はありません。

 

目覚めなければ、何度でも地上に生まれる。

 

それは苦しみである、と説いたのです。

 

実相とは、形を表し、支え、持続させるエネルギーの事であり、生命エネルギーを「霊」と表現しているのです。

 

悪霊になったり、迷った霊などではなく、遍満する宇宙エネルギーが霊であり、鉱物、植物、動物、人間、全ての形に

霊は宿っています。

 

したがって、実際には除霊する、ということはできないのです。

 

また、死んでから霊になるわけでもありません。

 

今、既に霊なのですから。