瞑想について ー 危険性


  

瞑想の効果については様々なことが言われていますが、効果を含め、何か得ることを過剰に期待しないよう注意が

必要です。

 

目的を誤ると危険も多いので、まずはしっかりと正しい目的、動機をご自身の中で明確にしてください。

 

人には多くの欲望や恐れがあります。

 

欲望に限りはなく、外側の世界を生きればこの世のものが本物だと認識するために、たとえ満たされても変化して

また別の欲望が生まれてきます。

 

「何かを引き寄せたい」

「ビジョンが見たい」

「解決のためのアイデアが欲しい」

「病気を治したい」

「サイキック能力の開発」

「チャクラを開きたい」

 

など、このような思いを瞑想に持ち込まないでください。

 

地上には様々な波動が錯綜しています。

 

特に欲望が念頭にある場合、低い波動(悪想念)と同調し、憑依霊現象が起こる可能性があるため非常に危険です。

 

気が狂ったり、肉体破壊を招く恐れもありますので、何かおかしなイメージが浮かんできたら、その想念への集中を

すぐに解除してください。

 

イライラや不安を感じた時もすぐ瞑想を中止してください。

 

啓示を受けた、閃いた、未来が見えた、等は本人の意識が作り出したイメージであり錯覚です。

 

瞑想中に『メッセージ』は絶対にないとお伝えしておきます。

 

啓示は確かにあるのですが、それは瞑想中ではなく、日々の生活の中で直感的に閃いてくるものなのです。

 

結果に囚われている時は自我瞑想になっています。

 

自我を手放すのが瞑想の本来の目的ではないでしょうか。