瞑想について ー 至高の力と繋がる


 

パンを食べた後、体の中でいつまでもパンのままという事はなく、パンはいつのまにか体の一部なります。

 

当たり前なので意識する機会もないと思いますが、体の一部になるという結果を作り出している力と、人生を創造する力は同じです。

 

重要な事はいつまでも無意識のままではなく、意識的に『力』を使う能力を養う事です。

 

なぜならば意識は想念であり、想念は波動であり、波動はエネルギーであり、エネルギーは神だからです。

 

あなたの意識は神なのです。

 

神は汝の手よりも足よりも近し、とイエス・キリストは言われました。

 

意識なくしては何も成す事ができないはずです。

 

自分のことを個人や肉体だと思っている間は非常に限定された小さな力しか扱えません。

 

神=エネルギーは個人の中だけでなく、自然・宇宙全てに働く奉仕者です。

 

瞑想の真の目的は神と完全に一致すること、それを実感することです。

 

あなたの意識が気づいているもの、を明かし顕します。

 

引き寄せの法則がうまく働かないのは、分離感を持った個人という小我から意識を解放しないからです。

 

初めのうちは呼吸や身体、行為、感情の観察ではなく、心を超えたエネルギーの観察に手こずると思います。(意識状態が静かな海のようになるまでもある程度時間がかかると思われますが)

  

ここで挫折せずに続けてください。

 

精妙な波動を放射できる指導者が近くにいらっしゃる場合は、共に瞑想会をするといいかもしれません。

 

中心へと向かうエネルギー域への援助が得られます。

 

ある時忽然と悟る、という事はなく、薄皮が剥がれるように意識は成長します。

 

一瞬一瞬の意識の積み重ねが永遠です。

 

頭で考えると疲れてしまいますので、リラックスすることを忘れずに。

 

神であることに定まっているのですから、神の中で寛ぎながら、現れている自分から現している自分へ、変化するものから変化しないものへ、個人から無限へ、と変容してください。

 

もう一度、あなたの意識は神です。

 

エネルギーは意識に従います。